熊本地震への取り組みと情報提供について

熊本地震で被災された皆さま、まだ余震が続いている状況ですので、不安な毎日をお過ごしのことと存じます。

私も、幼なじみ達が被災しているため、他人事とは思えずいてもたってもいられない想いです。弊社でも、支援物資の手配や義援金など、出来ることから少しずつ支援活動に取り組んでいます。

そんな折、大阪の知人から「発達障がいの方が行き場が無くて苦しんでいるから、助けてやって欲しい」という依頼がありました。

実は、以前より大阪の「児童デイバル・ぷりずむ」と連携して発達障がいの方々の支援活動を行っております。音の面からどのような支援が出来るのかについてノウハウを蓄積し、弊社の調音材が、特に聴覚過敏の方々の精神安定に対して非常に効果があることが実証されました。

私達は、弊社だけが出来る独自の支援として、調音材を使った発達障がいの方々への支援を行うことにしました。具体的には、避難所の片隅に半畳分の簡易リラックスブース(専門的には構造化と音の刺激の除去ブース)の設置を行い、発達障がいの方でも避難所に落ち着いて居られるような環境を提供いたします。

現在、熊本市だけで2千人以上の発達障がいの方々がいらっしゃいます。その所在について、熊本市の関係機関と連携して連絡をとりあっていますが、発達障がいの方がどの避難所にどれくらいいらっしゃるか正確な情報が掴めておりません。

そこで皆さまにお願いしたいことがございます。皆様のお知り合いで、避難所で困っている発達障がいの方が居るという情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非とも弊社までお知らせ願います。

連絡先:AURAL SONIC株式会社
担当:木原麻里(花子)
電話:092-711-0119
Eメール:info@auralsonic.co.jp

微力ながら、少しでも熊本地震で困っていらっしゃる皆さまのお役に立ちたいと考えておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

AURAL SONIC株式会社
代表取締役 古澤秀和